HOME > ロータリークラブとは

ロータリークラブとは


ロータリーの綱領
ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹育成することにある:

1. 奉仕の機会として知り合いを広めること;

2. 事業および専門職務の道徳的水準を高めること;あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること;そしてロータリアン各自が業務を通じて社会に奉仕するためにその業務を品位あらしめること;

3. ロータリアンすべてがその個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること;

4. 奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって国際間の理解と親善と平和を推進すること。

ロータリーの歴史
1905年2月23日、シカゴ市の北に位置するディアポーン街127番地にあるユニティビルのローアの事務所でロータリーが誕生しました。洋服商ハイラム・ショーレイ、石炭商シルベスタ・シール、鉱山技師ガスタバス・E・ローア、そして弁護士ポール・P・ハリス、彼ら4人がロータリー第1回会合を開きました。またポール・P・ハリスを創設者と呼び、毎年2月23日を創立記念日としています。

ロータリーと言う名称はいまだ誰がつけたか不明ですが、各事務所が順に集会を開いた事から、ロータリーとして正式名称が現代まで使われております。

当時、ロータリーの徴章もつくられました。ロータリーの徴章は当初、文明と運動を象徴して馬車の車輪を形どった簡素なものでした。そこから月日が経ち、アメリカ・テキサス州ダラスで開かれた1929年大会で正式に現代の徴章が採用されました。それは24枚の輸歯と6本のスポークを持ち歯車に楔穴がついた徴章と成ったのです。

Copyright©2006-2007 THE ROTARY OF PORT NAGOYA R.I.D.2760