HOME > 会長挨拶と年度計画

会長挨拶と年度計画




会長 寺本善雄


 クラブ会長の年度計画及び重点目標
 この度、2017〜2018年度名古屋みなとロータリークラブの会長を仰せつかり、大変誇りに思うと同時に責任の重さをひしひしと感じております。諸先輩方の築いた歴史と伝統を踏まえ、時代の変化に柔軟に対応してクラブの価値を更に高めるよう、精一杯努力してまいります。
会員の皆様のご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 イアン・ライズリー国際ロータリー会長は「ロータリー:変化をもたらす」を掲げられ、地域社会と世界により良い変化を生み出す持続可能な奉仕活動の実践を呼び掛けられました。
 これを受けて神野ガバナーは、地区方針を「今日からのロータリーを楽しもう!」とされました。私たちは自ら行動することによって、ロータリー活動の意義、楽しさを感じることが大切で、それは自らを変えていく力になる、奉仕を楽しみ「より高いロータリーブランド」を追求しようと述べられています。
 このRI会長テーマ、ガバナー方針を受けましてクラブ会長方針を
「歴史を踏まえて未来へ”笑顔の種を届けよう」としました。
クラブの価値を明確にし、会員個々のまた一致協力したした人々を笑顔にする奉仕活動を実践して、会員を増やしクラブの発展を目指します。

 重点目標は次の5点です

1.名古屋みなとクラブの歴史を振り返り、クラブの価値を明らかにし、クラブの将来像を検討する。
 ・「クラブ戦略委員会」の設置

2.
世代間交流を図り、クラブの価値観を若い人に伝え、未来を担う若者の成長を支援する。
 ・”NAGOYA・HELLOW MY WORLD"(青少年育成事業)の実施
3.楽しい交流が出来、会員の役に立つ例会を実施する。
4.
クラブと地区の事業へ積極的に参加する。
5.会員増強を積極的に進める。

以上、実施する事業のすべてが”未来に花咲く笑顔の種”となるような事業を実施したいと思います。
よろしくお願いします。


Copyright©2017-2018THE ROTARY OF PORT NAGOYA R.I.D.2760